の「カタジュタとウルルサンセットツアー・日本語」の格安予約はオーストラリアンツアースペシャリスト  
安心の豪ドル
    お買い物かご お会計へ進む お問い合わせ
オーストラリアンツアースペシャリストご予約専用ダイヤル
アデレード〜ダーウィン間を結ぶ大陸縦断ガン鉄道 シドニー〜パース間を結ぶ大陸横断鉄道インディアンパシフィック メルボルン〜アデレード間を結ぶオーバーランド サンランダー・クィーンズランドレール ブリスベン〜シドニー〜メルボルンを結ぶカントリーリンクのXPT お得な鉄道パス 貸し切り車両
   オーストラリアの鉄道、ザ・ガン、インディアンパシフィックの格安予約はお任せ下さい! オーストラリア世界遺産 | オーストラリア地図 | 格安航空券 | お役立ちリンク   
  トップ > カタジュタとウルルサンセットツアー・日本語
買い物かご
買い物かごは空です

安心と信頼
Jata在外賛助会員
ATSは、オーストラリアの旅行協会のATEC、日本旅行協会JATAの海外賛助会員の会員です。

ATSオペレーター
経験豊富な日本人スタッフが、お客様一人一人の大切なご旅行をサポートし、楽しい思い出作りをサポート致します。

インフォメーション

カテゴリ



















カタジュタとウルルサンセットツアー・日本語 

口コミ件数 (18件)
平均評価(1〜5) 4.7

ATS商品番号:374  
プリント [ プリント用ページはこちら ]  
カタジュタとウルルサンセットツアー・日本語

人気商品 こちらの商品はATS予約ランキング45位の人気商品です。
(全1286商品中)
エコツアリズム協会認定商品 こちらの商品はエコツアリズム協会認定商品です。
エコツアリズムとは?

ツアーについて
エアーズロックの定番ツアーといえばエアーズロックでの夕日観賞、そして人気を二分するカタジュタ(マウントオルガ)散策がセットになったツアーです。
エアーズロック滞在中の午後の御参加にはうってつけのお薦めツアーです。
カタジュタ(マウントオルガ)はウルル(エアーズロック)から約32Km離れた場所にある巨大な岩の集まった場所です。こちらのツアーではカタジュタ(マウントオルガ)岩群の中でももっとも人気が高いウォルパ散策道を訪れます。
ウォルパ渓谷は2つの巨大なドームに挟まれた小川に沿って蛇行した散策路です。巨大な岩を左右に見つつ美しいオルガの気色をご覧下さい。
カタジュタ(マウントオルガ)を出発後はウルル(エアーズロック)サンセット会場へ移動します。ここでは壮大な夕景の中オーストラリア産スパークリングワインとおつまみを楽しみながら、太陽の傾きと共に刻々と色を変えるウルル(エアーズロック)の絶景をご堪能下さい。

ATSチェック
お買い得度: 評価
自然度(癒し度): 評価
ツアーでの運動量: 評価
ファミリー向き: 評価
カップル向き: 評価
個人旅行向き: 評価



ツアー出発日・時間
毎日出発
2:30pm-3:30pm~日没20分後終了 (4月-9月)
3:30pm-4:30pm~日没20分後終了 (11月-3月)
ツアーコード日本語ツアー:Y33
各ツアーに対応したエアーズロック到着、出発フライトについては AATKINGSフライト情報(2017/2018)をクリックしてご覧下さい。


ツアー料金に含まれるもの
送迎サービス、日本語ガイド(日本語ツアーのみ)、スパークリングワインとおつまみ、ウルルサンセットツアー


お持ち頂くもの
ツアーバウチャー券、長袖の衣類(特に冬季)、水、日焼け止め、履き慣れた運動靴、カメラ等


ツアースケジュール
■日本語ガイド付きのツアーY33
ウルル・カタジュタ国立公園へ向かいます。途中時間があればカタジュタの南側全景を眺望できる展望台に写真撮影も為に立ち寄ります。(日によってはよらない場合もございますのでご注意下さい)。この展望台は車いすでのアクセスも可能です。カタジュタ(マウントオルガ)では、日本語ガイドの案内で、約30-1時間のウォルパ渓谷散策同のウォークに出かけます。ウォークの途中には、ガイドが地質やこの半乾燥帯に生息する珍しい動植物を指し示しながらご説明します。その後はバスに戻り、麦茶と冷たいおしぼりで一息ついた後、時間に余裕があればカタジュタの巨大な4つの岩山を一望でするピクニックエリアへ立ち寄ります。その後ウルルサンセット会場に移動します。この会場では、オーストラリア産スパークリングワインとおつまみを楽しみながら、太陽の傾きとともに雰囲気を変えていくウルルの感動的な姿をご覧下さい。その後バスはホテルへ戻ります。
※カタジュタの地図はこちらをご覧下さい。

注意事項
日射病や熱中症を予防するためにも、中央オーストラリアに滞在中、小まめに水を補給していただくことが、年間を通じて非常に大切です。キングスキャニオンのリムウォークとカタジュタの風の谷ウォークには3リットル、ウルル散策とカタジュタのウォルパ渓谷ウォークには最低でも1リットル以上のお水を携帯下さい。お持ち頂けない場合、お客様の安全上、ご参加頂けない場合もございます。ご注意下さい。


スタッフからの一言
午後の時間を利用してカタジュタとエアーズロックサンセット、両方を楽しみたいという方にお勧めです。男性を表すカタジュタと女性を表すエアーズロックの対比がお楽しみ頂けます。サンセットのエアーズロックは一つとして同じ色は出ないといわれているので時間があれば両方のツアーへのご参加もお勧めです。エアーズロック滞在をされる方には絶対外せないツアーです。


フォトギャラリー

下記の料金に関して
※下記料金に国立公園入園料は含まれておりません。こちらは3日間有効ですので以後のツアーご参加の際にもご利用頂けます。ツアー当日、現金にて直接お支払い下さい。
大人1名 $25 / 子供1名(5〜15才) $12.5 / 家族(大人2名+子供2名以上) $65
プリント [ プリント用ページはこちら ]  
※ご注意下さい※
「日本円参考価格」は本日の銀行換算レートを元に計算したおおよその価格です。
お支払いはオーストラリアドルでの決済となります。
実際の換算レートはお客様がご使用されるクレジットカード会社により異なります。
料金有効期間ツアータイプ 料金の形式通常価格ATS価格
(日本円参考価格)
人数
2017/04/01
〜2018/03/31
日本語ツアー(Y33) 大人1名様につきA$189 ⇒A$156
(¥13,783)
2017/04/01
〜2018/03/31
日本語ツアー(Y33) 子供1名様につき(2〜15才)A$95 ⇒A$78
(¥6,891)
ご予約の方は?
インターネットで予約する
料金表右の人数(宿泊数)を選択し、「買い物カゴに入れる」ボタンをクリックしお進み下さい。
Skypeで予約する
Skype Me!
chat Me!


※こちらの商品のキャンセル・変更の料金はこちらとなります。ご一読ください。
※料金にはGST(消費税)が含まれております。
※料金の単位はすべてオーストラリアドル表示です。
※上記の情報は最新のものをご提供しておりますが、運営会社の意向により予告なく変 更することもありますので、予めご了承下さい。

Skypeでご予約の場合
営業時間:月〜金:9:00AM〜18:00PM 土曜:10:00AM〜17:00PM 日曜:定休日
ご予約される商品の商品番号とクレジットカードをお手元にご用意下さい。 現地の日本人スタッフに繋がります。
Skypeのダウンロードはこちら

お問い合わせの方は?
お問い合わせをする方はこちら
ATSスタッフが迅速に対応致します。

お問い合わせをする方はこちら
グループのお客様には特別料金をご提供致します。
ATSスタッフ

エアーズロックの都市情報満載・観光ガイド。エアーズロックのホテル、ツアー、レストラン、地図、天気等の総合情報サイト
エアーズロック・ガイド
ご旅行前の現地情報収集は「エアーズロック・ガイド」で!
エアーズロックの総合旅行情報サイト。
エアーズロックのホテル、オプショナルツアー、お勧めスポット、レストラン、地図、口コミ情報等。


この商品を買った人は、こんな商品も買っています!
グリーン島半日ツアー、午前・午後発が選べる!!ビッグキャット号、ケアンズ発[Big Cat社]

グリーン島半日ツアー、午前・午後発が選べる!!ビッグキャット号、ケアンズ発[Big Cat社]
カタジュタサンライズ観賞と風の谷をたっぷり堪能・カタジュタ散策ツアー・英語

カタジュタサンライズ観賞と風の谷をたっぷり堪能・カタジュタ散策ツアー・英語
サンライズ・フィールド・オブ・ライト

サンライズ・フィールド・オブ・ライト
ディナー付き!フィールド・オブ・ライト・ディナーパス

ディナー付き!フィールド・オブ・ライト・ディナーパス
ホットエアーで行くケアンズ熱気球ツアー

ホットエアーで行くケアンズ熱気球ツアー
ハートレイズ・クロコダイル・アドベンチャーズ

ハートレイズ・クロコダイル・アドベンチャーズ

口コミ情報

口コミ件数 (18件)
平均評価 4.7


3月の上旬に英語ツアーを利用しました。 たまたま何人かの日本人の方も参加されていました。というかかなり以前に比べるとこの地を訪れる日本人の割合も随分増えたと思います。 ツアー中はベルギーから旅行に来ていたご家族と仲良くなり、楽しい時間を過ごすことができました。 カタジュタのウォルパの散策は30度を超える気温になりましたが、両サイドにそびえる渓谷を見ながら、途中の水たまりにはなぜかオタマジャクシが泳いでいる姿も見られました。 ウルルのサンセットではワインやソフトドリンクを片手にチーズやスティック野菜を頬張りながらツアー参加者とゆったり過ごすことができました。 この日は雲の状態が余りよくなかったので、七色に変化するウルルを見ることはできませんでしたが、その雄大な姿は未だに目に焼き付いています。(石塚博幸さん)
おすすめ度: (2016/03/22)


今月この日本語ツアーに参加しました。私的には、風の谷も見てみたいという希望もありましたが、妻、子供、両親も居たので、比較的カタジュタでのトレッキングが楽なこちらにしましたが、やはり夏なんで暑いです。エアーズロックまで来て、ホテルからは車で30分ほど離れてますが、次いつ来れるか?分からないので、やはりココも訪れる方がお勧めです。エアーズロックとは違う岩の形が面白いです。日本語ツアーだと確実に歴史背景やアボリジニ文化も理解できるのが、良いですね。英語だときっと半分も理解できないと思います。お水や帽子は必須です。そして、サンセットも文句なしに最高でした。(矢吹聡さん)
おすすめ度: (2015/02/19)


事前にウルルの歴史について予習をしていくつもりでしたが、やはりここは専門のガイドさんに案内してもらうのがベストだと思います。カタジュカは私が訪れた際には火事で入園禁止になっており、残念ながらウルルのみの観光となってしまいました。が、次もまた行く理由ができたので、是非また訪れたいです。サンセットがほんっとに心に染み入る程素晴らしくて、ワインに酔いしれながらおつまみとともにかけがえのないウルルでの時間を過ごせた事は間違いありません。これから訪れられる皆さんには、ウルルの為にも、皆さんご自身の為にも、登ることは絶対に止めて頂きたいと思います。(じゅりさん)
おすすめ度: (2014/06/19)


2014/12にカタジュタとウルルサンセットツアー日本語に参加。岩の大地を見上げながら歩く楽しいツアーでした。その後夕日の沈むのを美味しいワインとおつまみで待ちながら広大な台地ウルルをじっとみつめる。感動的な時間は一生忘れない光景です!(emilyさん)
おすすめ度: (2014/02/28)


08/19/2012 家族4人で、安くあげようと英語ツアーに参加しました。私は、「風の谷」ファンでないので、特に問題もありませんでしたが、娘は若干残念そうでした。巨大な岩山、がごろんごろんとあります。その岩山の遊歩道を息子と娘は足取り軽く行ってしまい,私と妻はゆっくりと進みました。  ツアーは、この後、ウルルサンセット会場に向かいます。会場から、ウルルが正面に見え、各国語が飛び交います。夕日に染まるウルル。そして、濃い青紫に澄み切った空。私の住む秋田では到底想像ができない風景でした。 (ももっちさん)
おすすめ度: (2013/08/01)


3/6、英語ツアーに参加しました。 カタジュタ・ウォルパ渓谷の散策は自由行動で1時間。がんばって一番奥まで行きましたが、とにかく暑かった。でも青い空と赤い岩、少しある緑は本当に美しかった。散策で水を飲みきってしまいましたが、バスにタンクで水を積んでいてくれて、みんなに分けてくれたので良かったです。 ハエはたくさんいましたが、帽子とサングラスでなんとか乗り切れました。 そのあと、カタジュタサンセットの展望台でトイレ休憩をかねて、カタジュタを展望。その後、角度の違うところの展望台にも寄りました。だいたい10分くらいとかアバウトな時間配分がオーストラリアっぽかったです。 そして、ウルルサンセットへ。たくさん人がいて、私たちの時は、立ち見でしたが、刻々とウルルの色が変わって行くのを見ているとあっという間でした。夕日でウルルが赤く染まるのは本当に一瞬。絶対見逃せません。 赤、白のワインとレモネード(炭酸ジュース)、簡単なおつまみが2種類でした。ワインはおいしく何回もおかわりできました。(アイスさん)
おすすめ度: (2011/03/13)


3月にこのツアーに参加しました。カタジュタのビューポイントでは30分ほど自由時間があり、ゆっくりと写真撮影が楽しめます。写真撮影が終了したら、ウォルパ渓谷の散策道の入り口へ。個々に散策へ。約1時間半ほどの時間があり、ゆっくり歩いて戻ってきてちょうど良かったです。往復2.5キロの道のりでした。水分はまめに補給しながら行ったほうが良いです。想像以上に水分を消費します。トイレ休憩の後いよいよウルルサンセット会場へ。サンセット会場にはトイレがないので注意が必要です!!サンセット会場に到着後には、ワインとジュースとおつまみが用意してありました。私は白ワインとドライフルーツとナッツのミックスおつまみをチョイス。ただ、会場にトイレがないので、飲み過ぎには注意です。バスの中にはトイレがあるので、バスに乗ってからはすぐトイレに行けます。サンセットは本当に神秘的で美しかったです。様々なツアー会社が全てこのサンセット会場に集合しているためすごいたくさんの人でした。ただ、少し奥に行けば全然人がいなくてゆっくり撮影が出来ました。私の参加時は14:35PMのお迎えで、19:15pmのサンセットで、19:45pm頃にホテルに戻りました。(MADOKAさん)
おすすめ度: (2010/03/10)


2月に英語ツアーに参加しました。カタジュタ散策は暑さに負けず、一番奥まで行きました。真っ青な空と赤い岩のコントラストが素晴らしく、何ともいえない迫力でした。散策の後は運転手さんが折りたたみのイスを貸してくれるのでバスの外でみんなで休憩〜。空になったペットボトルに水を注ぎ足してくれたので助かりました。その後、ウルルのサンセットビューポイントへ移動。そこでもイスを手渡され、好きな場所にイスを置いて日が暮れていくのをワイン片手に眺めます。日本人は自分たちしかいなかったので、日本語ツアーはきっと他のビューポイントを使っているのだと思います。徐々に色が変わっていくウルルを見ていると自然と一体になったような気分になります。最高のひとときでした。エアーズロックへ行ったらこのツアーに絶対参加するべきです!!(いちさん)
おすすめ度: (2007/04/04)


2月に英語ツアーに参加しました。間近で見るカタジュタはものすごく迫力があって大感動ですが死ぬほど暑くカタジュタの散策では私は途中で引き返してしまいました。カタジュタの散策は自由行動なので自分のペースで先に進んだりバスに引き返せるのでとても良いと思います。英語は全く分かりませんが特に問題はなかったです。サンセットは美味しいおつまみとお酒に酔いしれながら見れるので気持ち良かったです。ハエよけの帽子は必須アイテムです!!(KANYUさん)
おすすめ度: (2007/03/04)


1/16に参加しました。 カタジュタを散策した時の気温はなんと。。。45℃!! そんなことにもめげず、日本語堪能なガイドさんはいろんなことを教えてくれました。 ただ眺める岩と、ガイドさんからの情報があって眺めるカタジュタ・ウルルとでは見え方が違ってきます。 冷たいお絞りや、麦茶の日本人の心をばっちり捉えたサービスもさることながら、サンセット時に出していただいたシャンパンとおつまみが最高でした。 お夕飯がいらないくらいパクついてしまいました。 (匿名希望さん)
おすすめ度: (2007/02/28)


夫婦で英語ツアーに参加しました。二人とも全く英語は話せませんが、楽しく過ごすことが出来ました。 いろんな説明を期待するのであればやはり日本語ツアーの方がいいですね。 エアーズロックのいろんな表情を鑑賞することができました☆(marikoさん)
おすすめ度: (2007/01/16)


さすが大陸のど真ん中。正午を過ぎてもまだまだ暑い。夕方が一番気温が高いのではないかと思われるくらい、4時5時でも暑かったのでビックリしました。そのなか、頑張って往復1時間かけて、カタジュタの一番奥まで歩きました。でも、歩いて良かったです。天気もとてもよかったので大きな真っ赤な岩と真っ青な空と、真っ白な可愛い雲と。全てが素敵でした。エアーズロックのサンセットは想像と違ってました。エアーズロックの後ろに太陽が沈んでいくのを眺めるのかと思ってましたが、真逆に沈む太陽の光をエアーズロックが浴びてどんどんその色が変化していくのをワインを飲みながら楽しみました。帰りのバスの中からみたカタジュタのサンセットもとてもきれいそうで見てみたいなと思いました。(CHISEさん)
おすすめ度: (2006/11/17)


カタジュタのウォーキングは思ったよりもハードでした。そんな道のりとは知らずビーチサンダルだった私は歩くのに苦戦。。。このツアーに参加する方は運動靴で行くことをお勧めします。 そして、カタジュタですが赤い岩と青い空とのコントラストが本当に綺麗でした。私達は英語のツアーに参加したのですが、バスを降りてからは自由行動で自分達のペースで歩くことができました。半分くらいの人は途中で引き返していましたが、私達はせっかくなので一番奥まで頑張って行きましたがたどり着いたときは結構へとへと。でも、そのかいあって綺麗な岩と岩の合間を見ることができました。 その後は、ウルルサンセット。ワインとおつまみが用意されていました。 一人1個イスを渡され自分達の好きなポイントにすわり、ワインを片手にサンセットを待ちます。 日が沈みはじめると岩の色が変わり、岩に影ができてとても綺麗でした。 たくさんの人がいましたが、みな写真をたくさん撮っていましたよ。三脚を持って構えている人もたくさん。綺麗なエアーズロックのサンセット写真が撮りたい人は、是非このツアーに参加するといいですよ。エアーズロックが色を変えていく姿を真正面から見れます。 とてもよい思い出になりました。(りえぽんさん)
おすすめ度: (2006/11/09)


2006年の8月下旬に参加しました。 日本語ツアーにしようか、英語にしようか迷いましたが、内容は同じと言うことでしたので、英語にしました。行きの運転手兼ガイドさんが、行きのバスの中で説明をしてくれます。現地では、ガイドはバスに残り、各自好きに歩いてくるというスタイルでした。一緒に歩いていた日本語ツアーでは、大変日本語の流ちょうなガイドさんが、最初から最後まで一緒に歩いてガイドしてくれていましたので、内容的には違いがあると思いました。 ただし、翌日参加した、ウルルサンライズでは、英語のガイドさんが、一緒に歩いてガイドしてくれましたので、ガイドによって対応が違うのかもしれません。 この、カタジュタ・ウルルナショナルパークはハエが大変多いと聞いていましたが、冬にもかかわらず、ハエに遭遇しました。日本のイエバエに似ています。数は多くなかったのですが、顔、首筋、腕などやたらとたかってくるので大変うっとうしかったです。夏はもっとずっと多くなるそうです。 私が参加した日は、360度全く雲がなく、風も弱くて、外を歩くと、真冬にも関わらず、Tシャツ一枚でも汗びっしょりになりました。この日の気温は26℃まであがりました。日中〜夕刻のツアーは、防寒服はいらないと思います。寒がりの方は一枚羽織る物があれば十分でしょう。ただし、早朝ツアーは、ウインドブレーカーとセーター、フリースか、ジャンパーくらいはないと大変です。翌日早朝ツアーでは、5℃まで下がりました。 また、ガイドさんの話では、夏は毎日40℃をこえ、危険なほど暑いとのことでした。また、夏は雨期ですので、乾期である冬よりも曇りや雨の確率が高くなるそうです。 カタジュタは、ウルル(エアーズロック)と比べると知名度が低いですが、勝るとも劣らない魅力があると思いました。カタジュタ・ウルルナショナルパークに来られる方は、エアーズロックだけでなく、ここもご覧になることをおすすめします。 ここ、カタジュタ・ウルルナショナルパークはお金には代え難い魅力と感動がありました。時間的チャンスがある方は、少々の無理をしてでも来る価値があると思います。(自然大好き人間限定) また、事前にアボリジニ(特にこのエリアの)について勉強してから来るとかなり満足度がアップすると思います。(gooseさん)
おすすめ度: (2006/09/16)


カタ・ジュタの壮大なオルガ岩群を遠くと近くから観て、風の谷を歩くツアー、1月のとっても暑い日でしたが爽快な気分になりました。最高!エアーズロックサンセットは様々な色に変わるウルルをスパークリングワインを飲みながら最高の気分に浸ることができました。ワイングラスで乾杯する私たち夫婦の間に夕日に染まるウルルがある写真は我が家の居間に掲げられています。(くつさん)
おすすめ度: (2006/09/11)


申し込んだあとに、リコンファームの必要がありましたが、スタッフが日本語で対応してくれたので苦もなく完了しました。また、当地でメールで送信されたバウチャー券を見せると、AATキングスのスタッフにすぐ通じてスムーズにツアーに参加できました。ツアーのガイドさんも愛想がよく、次の日のウルルサンライズツアーでも一緒でしたが、親切にしていただました。サンセットではワインとおつまみがおいしく、とても楽しめました。(匿名希望さん)
おすすめ度: (2006/09/09)


カタジュタで岩と岩の間をウォーキングには景色に圧巻でした。その後エアーズロックのサンセットスポットに移動。ワイン&ジュースのサービスもあり、ワイン片手にサンセットが眺めて何とも優雅な気分でした。翌朝サンライズツアーにも参加したのですが、サンセットの方がキレイに見れますよ。(koala bearさん)
おすすめ度: (2006/07/20)


日本語ツアーに1人で参加しました。 景色は最高によかったですが、ツアーのガイドさんは、結構無愛想でした。それが残念。 同じガイドさんがいろんなツアーをやっているらしく、 前日などにたまたま他のツアーに参加した人と楽しそうにしゃべっていて、他のお客さんそっちのけの時があった。 次の日サンライズツアーは英語ツアーでしたがそっちの方が楽しかったな。 ウルルなどのことをいろいろ聞きたい人は日本語ツアーがいいけど、英語ツアーでも十分楽しめましたよ。(Keisukeさん)
おすすめ度: (2006/07/17)

口コミを書いてiPodを当てようキャンペーン

ATSではお客様からの生の声を募集しております。以下の投稿フォームよりお客様の体験談をご投稿頂きますと、口コミ情報としてお客様のコメントがサイトに掲載されます。皆様の率直なご意見がこれからオーストラリアへご旅行される方々への参考となりますので是非ご投稿下さい。



口コミ情報を投稿する!


クレジットカード
クレジットカード
近年ホテルやレストランでの支払いで、クレジットカードで支払った場合、手数料を約2%-3%をお客様が負担することが多々ございます。ATSではこの手数料を当社で負担致します。

会社案内
オフィス写真

所在地
1/129 Abbott St
Cairns QLD 4870

電話番号
+61-7-4031 2600

フリーダイヤル(現地)
1800-015-016

日本全国から市内通話料金
050-5532-2600

営業時間(日本時間)
9:30〜18:00(平日)
10:00〜17:00(土曜日)

定休日
日曜日、12月25日、1月1日






日本からのご予約専用フリーダイヤル


オーストラリアの鉄道の旅はオーストラリアンツアースペシャリスト(ATS)

オーストラリア政府公認旅行業 ライセンスNoTAG1501(QLD)
日本旅行業協会在外賛助会員 メンバーNo42523
オーストラリアン・ビジネス・ナンバー(ABN)34-080-087-421

Copyright ©1997 - 2017 Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.