マーク

ありがとう25周年 日本人スタッフが対応

クチコミ情報

商品番号:1276 ※予約時に必要です

ザ・ガン鉄道・プラチナサービス・The Ghan Platinum Service・特等寝台


投稿者:Okawa様

オススメ度:

投稿日:2011/03/07


新婚旅行で憧れの列車の旅をしようとザ・ガン鉄道プラチナサービス(2011年2月16日から18日)を利用しました。主人は初海外旅行で、英語が苦手。私は、英語を理解し会話はある程度できます。 思い切ってプラチナにして、大正解!!!ゴールドのお部屋を拝見しましたが、広さはプラチナの半分以下で一人部屋。ゆっくり旅したいのであれば断然プラチナです。ガタンゴトンという音はせずおもったよりも静かでした。車内の冷房は自分で調整できず、寒かったです。日本を出るときに着ていた冬服が重宝しました。オーストラリアは夏でも日々の温度差が激しく上に着る服を絶対に持っていたほうがいいです。大きな窓があり、景色が本当に素晴らしく、ずっと見ていたい光景でした。2泊3日ですが、全く暇な時間はありません。こまめに車内放送があります。翌日アリススプリングスでのオフトレインツアー(内容によって価格が異なるツアー5種類くらいあり)は乗車後に決め担当クルーに伝えます。お支払いは最後にまとめて。 食事は食堂車にて。 席は4人席で相席です。向かい合った方と会話を楽しみます。食事の時間はゆっくりとってあります。ディナーはドレスアップしてから。夕食後部屋に戻るとベットがでていて、寝酒とチョコレートのサービスがあります。チョコはオーストラリアのHAIGH\'Sの高級チョコ。朝、昼は夜ほどドレスアップする必要はありませんがきちんとした格好で。朝食後部屋に戻るとベットが片付いています。車内では食べてばかりのような気がしました。出発前食堂車でのディナー時の服装が一番心配でした。主人はチノパンに革靴、カジュアルジャケット(ネクタイは使わなかったが一応持参)、私はワンピースに黒いバレーシューズでいきました。他の乗客は70代以上で、女性はタンクトップやシャツに、パンツやスカートとサンダル、というような格好で、おしゃれをしていました。ネックレスやイヤリング、指輪をしてカラフルでした。男性は半袖の襟付きシャツ、ポロシャツのかたもいました。下はハーフパンツの方が多かったですが、靴もカジュアル革靴というようなかんじでした。ですので、おしゃれをしてデパートに行く時のような服装を準備しておけばいいかとおもいます。乗客は定年後に旅を楽しまれてる老夫婦ばかり(最高齢の方は91歳)で、旅なれしていて、あっと言う間に打ち解けあっていろんな人とおしゃべりしていました。英語能力はある程度必要だとおもいました。鉄道の旅は最高!!絶対また鉄道で旅行したい!!!って思うくらい素晴らしかったです!別れ際にイギリス人のご婦人から、これからの人生うんとたのしんで! と、声をかけていただいたのがすごく嬉しくて、こういう出会いも鉄道の旅ならではだ!とおもいます。ATSさんには、いつも敏速かつ丁寧に対応していただきました。本当に感謝しております。ザ・ガンに乗るために前日ダーウィンに宿泊した日、ハリケーンが来て暴風雨のうえ、観測史上最高雨量という大荒れでおろおろザ・ガンの確認電話をするも確認取れず、ATSさんに電話をするとすぐに調べて電話をかけ直してくださいました。助かりました。そして何かあればいつでも遠慮無くお電話くださいと言っていただき心強かったです。結局ダーウェインの駅周辺が水没のためキャサリンからの乗車になったのですが、それでもとてもいい思い出ができました。 また行く機会があれば利用したいです!!これから旅行する方にもおすすめします。